So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

GOLD GLIDER TOUR

DSC_0544.JPG6/9 静岡エコパアリーナ
BUMP OF CHICKEN
「GOLD GLIDER TOUR」

超久々のバンプ!!!!!!
ほんとは行く予定無かったんですが、急遽帰省して行くことに。
ネタバレ全開でいこうかと。見たくない人は見ないでねっっっ。

今回はアリーナ二階席の後ろのほうだったけど、全体が良く見渡せたし、疲れない(笑)。

開演時間を少し過ぎてから、幕にファイナルファンタジー的な映像が流れ、メンバー登場!
今まではザ・フーの曲をSE使ってたりしてたけど、今回から演出変えたんだな。



三ツ星カルテット
宇宙飛行士への手紙
分別奮闘記
ゼロ
Stage ofthe ground
友達の唄
Smile
グッドラック
ハルジオン
車輪の唄
sailingday
星の鳥
メーデー
イノセント
supernova
beautiful glider
カルマ
天体観測

K
ガラスのブルース
DANNY


「三ツ星カルテット」でライブがスタート!
バンプ自体が久々だから、序盤からなんかすげー感動してしまった(笑)。
「宇宙飛行士への手紙」で幕が落ち、クラッカーみたいなやつとともに照明がバーッと明るくなる!
すげー盛り上がり!この一体感!さすがバンプさんや。
ちゃまが「会いたかったよー!」と叫び、MCタイム。ちゃま髪伸ばしてて、昔のジャコみたいになってた。分かりにくいネタか(笑)。
「Stage ofthe ground」なんかも、懐かしすぎて高まったよね(´∀`)
壮大な演奏で圧倒的な場面を作り出した「Smile」、藤くんが青レスポールでストレートに弾き倒した「ハルジオン」など、中盤も激アツ。
ここで、メンバーがアリーナに降りて、一番後ろのブロックでアコースティックライブを披露!めっちゃ近かったw
「車輪の唄」「sailingday」と、ユグドラシルから懐かしの名曲披露!!アレンジが素晴らしかった。
昨日食べたやつで何が美味しかったか、という質問で、ヒロは「豆腐」、藤くんは「トマト」と答えていたのが何とも…(笑)。メインディッシュとかじゃないんだね←
ちゃまは「うなぎの白焼き」って答えていたけど。
メンバーがステージに戻ってからは、「beautiful glider」などを披露。最新のバンプの姿を見た。
高揚感たっぷりのセッションから「カルマ」投下!うおおおお!!ってなった(笑)。
ラストは、「天体観測」!中学生の時に死ぬほど聴いたあの曲が、さらに力強くなって目の前で演奏されてる。感涙。

アンコールでは、さらに懐かしの「K」披露!
また中学生の頃を思い出させてくれるなぁ…(笑)。ライブでは初めて聞けたから、すげー嬉しかった。
さらに、「ガラスのブルース」で盛大な大合唱を巻き起こす!「ガラスの目をした君と歌うよ!」と歌詞もどんどん変えていた。
これでライブは終了かと思いきや、軽快なサウンドを鳴らし、「DANNY」披露!!
ふぎゃあああああダニーやったああああああああああああ!!!!!
ライブでしか聴けないし、初期の勢い溢れたロックサウンドを叩きつけてきた。最近の曲には無い感じのね(笑)。
すげーテンション上がったわ。最高のラストだった。

久々にバンプのライブ行ったけど、中高生時代を思い出させてくれた良いライブでした。
最近の曲もよかったし、昔の曲聴いた時の感動も、他のバンドとは違うものがあった。
あんまりフェスとかも出ないバンドだけど、もっと精力的にライブやってもいいんじゃないかな。せっかくクオリティが高い曲を出し続けることが出来てるんだしさ。

本当に素晴らしいライブだった。
自分にとっての原点回帰にもなったし。

ではでは。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

D.E.N.W.A KINGDOM TOUR

5/3 渋谷CLUB QUATTRO
the telephones
w/Drums of Death
「D.E.N.W.A KINGDOM TOUR」

D.E.N.W.A
sick rocks
Riot!!!
A A U U O O O
A.B.C.DISCO
Girls,Boys,Romantics
My Final Fantasy
swim,swim,swim
I Hate DISCOOOOOOO!!!
White Elephant
crush the TV
D.A.N.C.E to the telephones!!
HABANERO
monkey discooooooo
Urban Disco

Drums,Basses,Guitars,Keys,And Your Love And Voice.
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Japanese Khaos 2012

DSC_0435.JPG4/14 横浜BLITZ
Arch Enemy
w/ENGEL
「Wages Of Sin 完全再現LIVE」

行ってきました。久々のメタル。
当日は全身真っ黒のメタラーばかりですごく怖かったです。まぁ、かくいう私もメタラーでね(゜∀゜)!!!←


まずは対バンのENGELから。名前は聞いたことあったな…。
全身入れ墨だらけのイカしたおっさん達でしたが、音楽的には超ラウドかつヘヴィメタル要素の強いものでした。
途中で真上にボーカルのおっさんがダイブしてきたりもして、テンションも良かった!
演奏も結構うまかったしね。いろんなメタル聴いてると、たまーにクソみたいな演奏のバンドがいるんだけど(笑)、ENGELは普通にカッコよかったな。
ただ、持ち時間が約30分程度と非常に短かったのが残念…(笑)。アーチエネミーは90分くらいやってたのに(^_^;)
まぁ、ライブ一回見ただけだし、これから音源聴いて研究してみなきゃな。特に洋楽メタルなんて情報が手に入りにくいし。


Arch Enemy

Enemy Within
Burning Angel
Heart Of Darkness
Ravenous
Savage Messiah
Dead Bury Their Dead
Web Of Lies
The First Deadly Sin
Behind The Smile
Snowbound
Shadows & Dust

EN.1
Yesterday Is Dead And Gone
ドラムソロ
Lament Of A Mortal Soul

EN.2
Silverwing
ギターソロ(マイケル&ニック)
We Will Rise
Nemesis
Fields...(outro)

SEが鳴り響き、大歓声と共にアーチエネミー登場!!野獣のようにボーカルのアンジェラ姉さんが飛び出してきて、咆哮を轟かせる。姉さんの腹筋割れててハンパなかった(笑)。
そして「Wages of sin」の曲が順番に、次々と披露されていく。
「Enemy Within」から始まり、ヘヴィでダークな、本物のメタルが目の前にあった。
客はとにかく暴れまわって、おれもひたすらモッシュしたり叫んだりして、全力で挑んでたな(笑)。
激しいディストーションのリフが凄まじい「Heart Of Darkness」、超速BPMやメロディで大シンガロングを巻き起こした「Ravenous」も最高にカッコ良かった!!
そういえば、アモット兄弟の一人であるクリストファーが抜けて、新メンバーのニックが加入してた。クリストファーが抜けたのはかなり悲しかったけど、ケンカ脱退みたいなのじゃなかったから安心した。どっかのオアシスと違って(笑)。
んで、新メンバーのニックも良い感じじゃん!全体を通してあまり派手に前に出てくるとかはしてなかったけど、バッキングやリズムギターを忠実にこなし、時にはアグレッシブにソロやタッピングにも参加してきてた。これからの活躍も楽しみだなー。
個人的にかなり好きな「Web Of Lies」も、大きなサークルモッシュとともに狂乱を巻き起こしてて、ほんとに最高だった!
ヘヴィなデスメタルから一転、切ないメロディのインスト曲「Snowbound」。本当なら、感動的な一場面を作り上げるハズが、マイケルが入りのギター間違えて場内大爆笑&大盛り上がりに(^_^;)
マイケルも笑っちゃってて可愛かったなw
本編ラストは、「Shadows & Dust」。ギターの泣きメロ、ソロが特に際立つ一曲。

アンコールでは、「Yesterday Is Dead And Gone」をまず披露。あれ、この曲はアルバム収録曲ではなかったハズ…まぁいいや(笑)。
そして超絶ドラムソロが入り、アルバム最後の曲「Lament Of A Mortal Soul」へ。

鳴り止まないアンコールに、メンバー再登場!
マイケルとニックのギターソロ合戦があって、熱いプレイの応酬を見せつけられた!
さらに、激アツメタルナンバー「We Will Rise」を投下し、泣きそうなくらい嬉しかった(笑)。「We will rise !!!!!」と全力で叫べたぜ。
さらに、個人的にアーチエネミー最強のナンバー「Nemesis」をやってくれた!!!!!!!!!!!!!
「ALL FOR ONE!!」「ONE FOR ALL!!!」「NEMESIS!!!!!!!!!」とサビを叫びまくって、喉枯れるかと思ったわ(笑)。

やっぱメタルのライブは最高に楽しい!
謎の切り傷とかアザが出来ていたけども(笑)、それこそがライブに行った証だ!
最強の親日派北欧メタルバンド、Arch Enemy。
東名阪ツアーを終えて帰国するのかと思いきや、追加で今週原宿でライブをやるらしい。
どんだけ日本にいたいんじゃ(笑)!もっといてくれ(゜ω゜)←
おそらくまた来年も再来年も日本に来てくれるんだろうなぁ…。アンジェラ姉さんは、たまに一人で渋谷原宿あたりで買い物してるらしいし…(笑)。
まぁ、非常にありがたいことであります。

んじゃ、皆様素敵なメタルライフを。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

DIAMOND HEADZ

DSC_0432.JPG4/9 新木場STUDIO COAST
9mm Parabellum Bullet×Hawaiian6
「DIAMOND HEADZ」

行っちゃいました(´∀`)!!!!!
先攻は、Hawaiian6!

Hawaiian6

LIGHT AND SHADOW
AN APPLE OF DISCHORD
Star Falls On Our Hands Tonight
RAINBOW,RAINBOW
THE LIGHTING
Blackout
A CROSS OF SANDNESS
CHURCH
EVER GREEN
ETERNAL WISH,TWINKLE STAR
MAGIC
A LONG SONG
PROMISE
FANTASY

ひゃふー、いきなり「LIGHT AND SHADOW」!初っぱなからダイブの嵐!
「RAINBOW,RAINBOW」も聴けたし、最高だった。
キャリアが10年以上あるパンクはレベルが違うな。
「セキュリティの人がヒマそうにしてんじゃねぇか…(笑)」とダイブを煽るMCもすげぇ面白かった(´∀`)
「俺たちともっと遊ぼうぜ!!」というシャウトからの「THE LIGHTING」「Blackout」「A CROSS OF SANDNESS」なんだから、フロアがもみくちゃになるのは当然(笑)。
ステージダイブまでした人もいたし、すげぇ熱かった。
実はハワイアンのライブは初めて行ったけど、名曲「MAGIC」もやってくれたし、ちょっと感動してしまった。
ハワイアンも今後、東北地方への支援を行っていくようです。ライブハウスの音楽、楽しさを届けるためにも、とにかくこの日は楽しむべきなんだ!!
ラストは、「FANTASY」!思いっきり拳を振り上げて、ダイバーを流して、いっぱい汗かいて最高のアクトを楽しめた!
やっぱパンク・メロコア系のライブは見終わると清々しい気持ちになってる。なんでだろうね(笑)。



9mm Parabellum Bullet

Wanderland
Survive
Cold Edge
Supernova
新曲
Sleepwalk
The World
光の雨が降る夜に
キャンドルの灯を
カモメ
Termination
Black Market Blues
新しい光
The Revolutionary
Punishment

EN.
Scenes
Talking Machine


今年3回目の9mm(笑)。
いきなり「Wanderland」でフロアを狂乱の渦にしてしまう。
今回は、全体を通してやたらベースがゴリゴリでデカい音だったな。ボーカルが少し小さめな気がしたけれど。
邪悪なワウ協奏曲「Survive」から、地獄の三三七拍子「Cold Edge」と、ハワイアンとガチで戦いにいってる感じがして最高だった。ダイバーも結構いたし(笑)。
ツアータイトルについて卓郎が触れていたけど、「ダイアモンドとダイアモンドがぶつかったら、何かすげー音が出るんじゃないかって…」といつもの泣きそうな声で語る。
MCは全部覚えてないけど、今回のタクローはいつも以上にワンダーな感じでした(笑)。何を伝えようとしてるのか、理解しにくいとこも多々…。和彦が苦笑いしてたし(笑)。
そのあとは新曲もやって、めちゃくちゃテンションが上がった!速いし邪悪だし超カッコいいし…いやぁリリースとか発表されないかな。
モッシュとかダイブが無きゃ自由じゃない、みたいなことをタクローが言っていた。まぁ、普段だったらダイブ禁止の9mmのライブで、ダイバー続出してたせいなんだろうけど、ダイブ大歓迎のハワイアンとやり合うんだったらそのくらい覚悟出来なかったのかなぁ。
ダイブして退場させられた人もいたみたいだし。
「光の雨が降る新木場に!!!!」と叫び、「光の雨が降る夜に」を披露。久々にこれ聴けたなー。
「キャンドルの灯を」「カモメ」のメロディックで壮大な展開は、一つのクライマックスみたいだったなー。
最後の5曲は、出し惜しみ無し怒濤のハードで暴れる以外の選択が許されない展開に(笑)。
「Termination」から始まり、「Punishment」で終わるという最高に素晴らしいメタルなシーン!卓郎も煽りまくるし、滝さんのギターがさらに鋭くなって殺傷力増してたし、カズはゴリゴリのベース+スラップやりまくっててなんか凄かったし、ちひろはこれらの曲を余裕で続けてくスタイルがカッコよかったなー。

アンコールでは、「Scenes」をやってくれた!
アルバム「Movement」で一番好きな曲だから、かなり嬉しかった。
ラストは、「Talking Machine」!タクローがシールドに足ひっかけて盛大につまづく珍しい場面も(笑)。
曲が終わって、メンバーが退場するのかと思いきや滝さんがドラムで2ビートを刻み始め、カズがヘドバンしながらアップライトベースを弾き倒し、タクローがギターを弾きまくる(笑)。
滝さんドラムうますぎだろ…(((´ω`)))
最後の最後にちひろが出てきて、股間に擦り付けたTシャツを客席に投げつけて(笑)、壮絶なライブは終了。

ダイブについての問題はあったけど、何だかんだ楽しいライブだった!
ハワイアンみたいなパンク・メロコアはライブが強いな。CD音源も良いんだけれど、やっぱり現場でライブも体感しないとね。
9mmはライブでの曲のアレンジが凄いから、何回でも飽きないんだよなぁ。
ライブバンド同士がぶつかり合った、有意義な対バンイベントだった。

んじゃまたー。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

te'

3/24 渋谷CLUB QUATTRO
te'
w/ZAZEN BOYS
「波間に揺らぐ世界が、観測者の現れによってひとつの像を結ぶように、音楽は発信者の理念と、感受する聴衆の両者が交感してこそ、初めて美が具現化する。」

行ってきました。ツアータイトル長すぎ(笑)。
チケ番が良かったので、最前列でライブ見てきました!


まずは、ZAZEN BOYS。
ライブは初めて見たのですが、かなり衝撃的なオルタナティブロックでした。
いきなり「Honnoji」を披露。ザゼンはあんまり聴いたことがなかったのですが、有名かつユニークなこの曲からスタートしたので、かなり取っつきやすく感じました。
向井秀徳さんの独特な世界観が存分に詰め込まれたライブは、初見では衝撃的でしたね(笑)。
曲終わりや間奏の時に、ビール飲んでるし!!いいなぁ←
「ザゼンボーイズは現在レコーディングを……出来たらいいなと思ってます。2014年くらいに(笑)。」
と笑いを誘う部分もありましたが、2曲の新曲も披露!!割と短めな新曲でしたが、どちらもザゼンっぽい不思議なロックでした。
ラストは、「ASOBI」。これも、有名な曲ですね。浮遊感のあるサウンドと、バキバキの超絶ベースが組み合わさったライブは最高でしたね。
約50分で9曲を披露したけど、もうちょっとだけこの世界観・ロックを見たい、と思った。



次は、te'!!!!
セットリストはなんとなく覚えてるけど、何せタイトルが長いから割愛しましょう(笑)。
最前列+松田さんの目の前にいれたから、存分に松田ベースを堪能出来た(笑)!!
スリリングかつ、オルタナや静と動をガッツリ取り込んだインストゥルメンタル曲が次々と披露されて、ずっとドキドキしながらライブの空間に浸ってしまった。
MCでは、ツアータイトルや次のイベントの告知などを言っていたのですが、まぁーカンペ使ってましたよ(笑)。じゃないとあれは言えない…(笑)。
ちなみに次のイベントタイトルは『理性は秩序を紡ぐが、混沌はこれを誘惑する。涅槃原則の衝動が理性を越境し、集合的無意識を惹起する時、秩序は分断から解放され全一となる。恍惚の源泉は混沌に有り、万物は混沌に帰する。』です。
ふぇぇ…こんなの覚えられないよぉ…←
まぁ、帰りにチケット買っちゃったんですけどね(笑)。非常にライブが楽しみです。
ドラムのトオルさんも全力投球すぎて、途中で一回スティックが折れてしまったのですが、一瞬で新しいスティックに持ちかえていたのが凄かったですね。
ヒロさんは、もう途中からあんまり弾かなくなったり(笑)、マイク持って叫びまくったりと、ほんと楽しそうにライブしてました。途中ダイブしてたし(笑)。
河野さんは、Tシャツパッツンパッツンでした←
今回のライブはユーストリームで生配信されてたみたいで、友人も何人かそれで見ていたようです。
アーカイブでまた見れるようにならないかなぁ。

ほんとに良いバンドのライブ見に行けました。
さすがte'。残響レコードのボス(笑)。

6月にもまた見に行く予定なので、その時が待ち遠しいです。
それでは、またー。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

DEVILOCK NIGHT THE FINAL

DSC_0315.JPG2/26 幕張メッセ
「DEVILOCK NIGHT THE FINAL〜Thank you,Good bye〜」

行ってきましたー。
前日は運営がクソで、かなりの苦情が出ていたようです。しかしこの日は、割とスムーズに運営が進んでいたし、過ごしやすかったですね(笑)

グッズ買ったりクローク預けたりして、万全の準備を整えてライブに挑む。

あ、ほんとに一日中ライブ見てたので、セットリストとかほぼ覚えてません(笑)。感想メインになるのかな。


まずは、WRENCHを見る。te'のベーシストとしても活躍する松田さんが見たかったのです。
初めてライブ見たのですが、もう活動20年を越える大ベテランなんですね。
ハードコアで、ビート感溢れる独自の音楽が最高でした。いきなりモッシュも引き起こしてましたし。
松田さんも、めちゃくちゃ動きながら激しいベースプレイを繰り広げていく。松田さんの動き好きなんですよね(笑)。
しっかり音源を聴き込んでみたい!

次は、te'。まさかの最前列で見れました(^q^)
そして松田さん2連続(笑)!!
曲名が長いので書ききれませんが、有名な曲や先日出たばかりの新曲も披露!!
hiroさんが暴れすぎててヤバい!テンションMAXだったし、見てるこっちもどんどん熱くなってきた。
MCではhiroさんが告知などをしていましたが、自分たちでも曲名やツアータイトルが長すぎて覚えきれてなかったです(笑)。
最初から最後まで、クールでカオスな空気感を炸裂させたアクトでした。

その後は、会場内にあった東北ライブハウス大作戦のブースに行ってきました。
募金とか、応援のためのグッズを買おうとして行ったら、そこにはなんとBRAHMANのTOSHI-LOWさんが(゜∀゜)!!!!!!!!!
支援者と直接交流したりするために来たそうですが、ほんとにビックリしました(笑)。
そこで少しだけですがTOSHI-LOWと握手や話をすることも出来たし、少しだけかもしれないけど、東北ライブハウス大作戦のための支援もやれました。
震災からもうすぐ一年。今後も、こういった支援に協力したいです。


次は、ストレイテナー。今回は途中参戦です。
一応、おれが来てからのセットリスト書いときます。

イノセント
プレアデス
羊の群れは丘を登る
Melodic Storm
BERSERKER TUNE

いやぁ、これはヤバいでしょ(笑)。
ひなっち側で見ていたけど、相変わらずベース凄まじかったし、シンペイもめっちゃ楽しそうにドラム叩いてた。
テナーのライブはこないだ別のフェスで見たばかりだけど、何回見ても楽しい。カッコいい。


9mm Parabellum Bullet

Lovecall From The World
Cold Edge
Discommunication
We are Innocent
Motorbreath(METALLICAカヴァー)
Wanderland
Supernova
Black Market Blues
Endless Game
Vampiregirl
新しい光
Punishment

いやぁぁぁぁ最高だった(゜∀゜)!!!!
卓郎がMCで言っていたけど、「今日はヘビーな曲しかやらない。」という気合いの入ったセットリストだった!
メタリカのカバーもやったし、9mmとメタリカの大ファンであるおれは、ほんとに嬉しくて嬉しくてたまらなかった(笑)。
若干PAが悪かった気はしたけど、久々にモッシュダイブが収まらない壮絶すぎる9mmだった!!
メンバーも客も始終暴れまくり叫びまくりで、最高に楽しかったあああああああああ←
ラストは、Punishment!!一番好きな曲だから、聴けてほんとに嬉しかった(;ω;)!
9mmのハードコアな面がグッと出たし、なんとなくデビロックらしいライブであるとも思った。


次は、KamomeKamome。
初めてライブを見に行きましたが、音源はよく聴いていました。めちゃくちゃハードコアなんだけど、人間というものを表現したりするのが上手い!と感じさせられていました。
始終モッシュしたり、知らない曲でも暴れまわったりしてたので記憶はあんまり無いですが、とにかく楽しすぎました(笑)。
「エクスキューズミー」から狂乱のライブが始まり、「この時期のヴァンパイア」など、暴れる以外に何も出来ないんじゃないかというくらいの激しいライブ。
ラストの「ハッピーリバースデートゥーユー」では、思わずダイブしてしまった←
初カモカモライブで、有終の美を飾れたんじゃないかと(笑)。
またライブ行きてぇー!!


SPECIAL OTHERS

AIMS
PB
あの国まで
空っぽ

久々のスペアザ!事前にコラボアルバムの曲が披露されると告知されていたせいか、ステージには人がギッシリ!!もうスペアザはZeppクラスだったら埋まるから、いつの間にかすげーバンドになってた。
「あの国まで」では、ACIDMANのオオキノブオと、ストレイテナーのホリエアツシが登場!スペアザのオシャレな演奏をバックに、豪華なコラボ曲を披露。
「空っぽ」では、MONGOL800のキヨサクが登場!こちらも貴重なコラボ曲を披露して、荒くれ者が多い今回のフェスで、癒しの空間を作り上げていた。


次は、locofrank。
メロコア好きだし、ロコはかなりかっこいいから一度見ておきたかった。ドラムの笹原さんは前日、HUSKING BEEでも活躍していたみたいですね。まぁ、抜群にドラム上手いからなぁ(´∀`)
ライブは、とにかくモッシュとダイブが止まらず、次々と強靭なサウンドが繰り広げられていく。
割と序盤で「Survive」もやっていて、巨大なシンガロングも巻き起こしていたのが、ほんとに感動的だった。
最近あまりメロコアを聴かなくなってたかもしれないけど、今回のライブで、またメロコアにハマってきたかもしれない。

次は、WARDUG FUTURISTIC UNITY。
Kenkenがいるってことだけは知っていたけど、あとはよく知らないバンドだった。
初めて見たけど、かなり衝撃的でした。ベースは暴れまわるわ、ギターはデカい音で強烈なサウンドを叩きつけてきて、ドラムはパワフルなビートをこれでもかとぶつけてきて、ボーカルはミクスチャー系のシャウトで、最高のハードコアを見せつけられました。
世の中にはまだまだこんなハードで、カッコよくて、凶悪なバンドがまだまだいるのか!
幕張でめちゃくちゃな盛り上がりを見せていたから、これが小さなライブハウスだったら、きっと死ねるな(笑)。


ラストは、the HIATUS。

Deerhounds
Superblock
The Flare
Monkeys
Twisted Maple Trees
Insomnia
Souls
Shimmer
紺碧の夜に
ペテルギウスの灯
On Your Way Home

西門の昧爽(アコースティック)

最新アルバムの曲を、割とやってくれましたね。ツアー行けなかったので、かなり嬉しかったです。
アコースティック色が強い曲なので、モッシュが巻き起こるようなことは無かったですが、アルバムの世界観がよく分かるライブでもありました。
激しい曲は激しいし、アコースティックな曲はほんとにアコースティックなので、その違いも面白かったですね。
少し残念だったのが、細美さんの喉が不調だったことくらいですか。歌う分にはまぁ大丈夫だけど、MCになると声が裏返ったりハスキーになったりして、かなり辛そうでした。
しかし、デビロック最後のアクトとして最高のパフォーマンスだったと思うし、ハイエイタス見れて良かったです。
デビロック主催者の遠藤さんと抱き合って、細美さん泣いてました。
細美さんに限らずですが、いろんなアーティストから信頼されるような良い人なんだと感じさせられる場面でありました。
お客さんのことは、もうちょっと考えてほしかったですけどね(笑)。

いろんな楽しみや不安があった一日でしたが、ずっと楽しく過ごせたフェスでした。
今、あんなにハードコアやメタル、スクリーモやロックが入り交じるフェスってあんまり無いと思うんです。
だって、ベボベとカイキゲッショクとBALZAC,が同じ日に出るフェスなんて、他に無いでしょ(笑)。
ロキノン系フェスとは全然違う、個人的にはこっちのほうが居心地が良いフェスでした。
もうFINALだから開催されることは無いけど、あまり有名じゃなかったり、凶悪なバンドがたくさん出るようなイベントは無くしてはいけないと思います。こういう場でこそ、新しい出会いがある気がしてならないんです。
実際、俺も今回はブログには書ききれなかったけどグッときたバンドは結構いました。

この日は終電で帰り、14時間睡眠をかますという壮絶なラストを迎えたけど、それだけ楽しかったってことで(笑)。
それでは、また、

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

EMI ROCKS

DSC_0308.JPG2/19 さいたまスーパーアリーナ
EMI ROCKS

前回に引き続き行ってきました!
今回は、量もあるし簡潔に書いていこうと思います。出来るだけ。

オープニングアクトは、EMIの新人発掘オーディションで選ばれた
「Riceball」
というバンド。ライブ当日に、「the peggies」に改名してたけど(笑)。
かなり若い女の子のバンドだけど、演奏力も高くて、ボーカルの声に独特の魅力があった。
ポップで可愛らしいバンドで、誰からも受け入れやすそうな印象があった。今後、どこかでまた見かける機会があったらいいな。



Base Ball Bear

夕方ジェネレーション
祭りのあと
short hair
十字架 You and I
深呼吸
CRAZY FOR YOUの季節

久しぶりにベボベ見れた!最新アルバム聴いてない割には、知ってる曲ばかりやったしノリやすかった。
序盤から軽く押し合いになるくらい盛り上がって、「十字架You and I」では湯浅ダンスまで見れた(笑)。まさかフェスでもやってくれるなんて。
やっぱ、良いバンドのライブはいつ見ても良い。さらにポップになった印象はあったけど、ベボベはそれがいいのかもしれない。



赤い公園

のぞき穴
今更

透明
ふやける

最近少しずつ名前を見るようになったので、どんなバンドなのか少し気になっていた。
ライブの印象は、なんかネジがぶっ飛んだ女が狂喜乱舞に演奏を繰り広げる、そんな感じだった(笑)。
ベースは強烈なファズで、刺激的な音をバリバリとかけていて、素晴らしかった。今時あんまり見ないからね。
まだアリーナでのライブはスケールが大きかった気もしたけど、勢いも凄かったし、これは狭いライブハウスで見たら最高にヤバいと思う。



清 竜人

いつも通りにピアノで歌うのかとおもったら、始まったのは3つのミュージカル…。
あまりにも予想外な展開に、始終棒立ちで見いってしまった。
竜人くんは、いろんなキャラで役を演じててすごく面白かった(笑)。
一応、新曲ということらしいんだけど、今後どうなるのかが気になる。
今回衝撃的だったアクトの一つ。



雅-MIYAVI-

WHAT'S MY NAME?
SURVIVE
新曲(w/H ZETT M)
STRONG(w/KREVA)
FUTURISTIC LOVE

アコギでスラップを演奏し、世界中で活躍する侍ギタリスト。
前回のフェスでは少ししか見れなかったから、今回かなり楽しみだった。
序盤から大盛り上がりで、スリリングなプレイを惜しげもなく披露していく。そのへんのベーシストよりスラップうまい(笑)。
コラボ曲では、ピアニストのH ZETT Mを招いたり、ラッパーのKREVAを招いて最高にカッコいいライブを作り上げてた。
まさかKREVA来るとはなぁ…会場も騒然としてた。
最初から最後まで和のクールなロックを味わえた、印象的なアクトだった。



the telephones

I Hate DISCOOOOOOO!!!
sick rocks
D.E.N.W.A
Yeah Yeah Yeah
Urban Disco
HABANERO
Monkey Discooooooo

ディスコー(゜∀゜)!!!!!!!!!!!!!!←
久々のテレフォンズに、超テンション上がって踊りまくってた(笑)。
以前までレア曲だった「sick rocks」も聴けたし、定番ナンバーでスーパーアリーナを巨大なダンスフロアにしてしまった。2ヶ月前のワンマン公演で、さらに力を付けているのは間違いないと思う。
モッシュ自体は、9mmと同じくらいヤバかった気がする。めっちゃ汗かいた(笑)。
やっぱテレフォンズは、全力で踊って暴れて楽しまないと!!



James Iha

元スマッシング・パンプキンズのギタリスト。
それを聞いてビックリした、おれ←
スマパンみたいなパンクロックをやるのかと思ったら、アコギでまったりとしたライブを披露していく。
歌声も綺麗で、じっくりと楽曲を聴き込めた。
短い時間だったけど、貴重なライブを楽しめたと思う。



東京事変

新しい文明開化
今夜はから騒ぎ
sa_i_ta
能動的三分間
空が鳴っている
閃光少女
群青日和
キラーチューン

解散前の貴重なライブ。事変サポーターが物凄く多くて、みんな旗持ってた。
有名な曲もたくさんやってくれたし、盛り上がりが最高にすごかった!!曲が始まるごとに大歓声だったし、俺もかなり興奮してた(笑)。
メンバー全員が一流のアーティストだし、こんなバンドが解散しちゃうのは正直もったいない気もする。浮雲さんや伊澤さんのプレイは、事変が一番好きだったからなぁ。
でも、ライブはしんみりした感じは一切無かったし、むしろめちゃくちゃ楽しかった。
最後に見れて本当に良かった。



片平実

DJタイムです。RADWIMPSの「いいんですか?」や、昔EMIにいたバンドの曲を流したりしてました。
初のオリジナル曲も披露していて、まったりと音楽を楽しめた。


ストレイテナー

A LONG WAY TO NOWHERE
Discography
VANISH
イノセント
羊の群れは丘を登る
Melodic Storm
BERSERKER TUNE

久々のストレイテナー!!
かなり豪華なセットリスト(^ω^)!!!!モッシュもあって、めちゃくちゃ楽しかった!
今回はひなっち側で見たけど、やっぱベースうますぎる…。それでいて楽しそうに弾くんだから、ひなっちはスゴい(笑)。
そんなにテナーを聴いてるわけではないけど、いつ見てもカッコいい。
「羊の群れは丘を登る」とかもかなり聴きたかったし、始終盛り上がりまくりで最高だった!



ACIDMAN

world symphony
ストロマトライト
赤橙
リピート
ALMA
ある証明

ACIDMANも久々に見た。ベスト盤が出たばかりだから、どんなセトリで来るのか楽しみだった。
いきなり「world symphony」!!往年の名曲である「赤橙」も聴けて、やっぱACIDMAN良いなぁ…と。
初めてライブで「リピート」も聴けたし、思わず歓声上げちゃうような瞬間もあった。
ラストの「ある証明」も、爆発的な盛り上がりを見せていた。
あー…また見たい(笑)。



9mm Parabellum Bullet

The World
Black Market Blues
Termination
カモメ
The Revolutionary
Living Dying Message
Talking Machine
新しい光

このアクトで、全力を使った(笑)。こういうフェス向けのセトリが聴きたかったのだ!!
「Termination」ではブリッジしながらギターソロを弾いてたし、2番のAメロでメタリカの「That Was Just Your Life」のリフもブチ込んでた。
暴れまくってスリリングなライブを披露するのは相変わらずだった。
後半も、「The Revolutionary」から「新しい光」までの怒涛の流れが最高だった!!もう叫んだり汗だくになって…9mm大好きだ(笑)。
短い時間だったけど、最高にロックなアクトだった。



吉井和哉×9mm Parabellum Bullet

CALL ME
SPARK
B・BLUE
ONLY YOU
DREAMIN'
Discommunication

ALL YOU NEED IS LOVE

今回一番楽しみにしてたアクトです。まさか9mmと吉井和哉がコラボするなんて、始まる前から涙出そうなくらい嬉しかった。
吉井和哉の「CALL ME」からライブがスタートし、THE YELLOW MONKEYの大名曲「SPARK」へ!!!!
吉井さんとタクローが歌うSPARKが聴けるなんてええええええ(゜∀゜)!!!!!!!!!!!
めっちゃくちゃカッコ良かった!!さりげなくタクローも、イエモンの時に吉井さんが使ってたダブルカットのレスポールギターで演奏をしていた。
ここから、BOOWYのカバーを次々と披露していく。「B・BLUE」や、「DREAMIN'」を演奏。滝さんは、もちろん布袋モデルのギターを使っていた。
吉井さんが「ボウイー復活してくれー!!」と言っていたけど、誰もが先にイエモンの復活を心の中で望んだのは間違いない(笑)。
ラストは、「Discommunication 」!!!!う、うわああああああああああ\(^o^)/←
二人が歌うDiscommunicationは、さらに艶が出ていた気がする。もうほんとに…行ってよかった(笑)。

アンコールでは、出演者全員が出てきて、事変ファンが騒然とする(笑)。
そして披露されたのは、ビートルズの「ALL YOU NEED IS LOVE」。
みんなで手を振り、歌い、この日のラストを飾っていた。


いやぁ…ほんとに良いフェスだった。
こういうイベントが、これからもずっと続いていってほしいと思う。
最高に楽しい一日だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ACMEが来たりて笛を吹く

DSC_0282.JPGDSC_0285.JPG2/8 新代田FEVER
MONOBRIGHT/DOES
「ACMEが来たりて笛を吹く」

行ってきました( ´∀`)!!!
今年初ライブとなります。ふふ。


この日の先攻はDOES!ジャンケンで決めたらしいです(笑)。

セットリスト

ユリイカ
イーグルマン
曇天
サブタレニアン・ベイビー・ブルース
バスに乗って
神様と悪魔と僕
黒い太陽
未完成ライオット(MONOBRIGHTカバー)
三月
夜明け前
タイニーパンク
レイジーベイビー
バクチ・ダンサー
今を生きる(新曲)

いやー熱かった!!
ワタルがツアーグッズの笛を鳴らしに鳴らしまくってから、序盤からすごいセトリでしたね。
ミディアムチューンの「ユリイカ」からライブが始まり、「イーグルマン」「曇天」と、キラーチューンも続々と披露していく。

ワタルが「MONOBRIGHTの番まで体力取っとかなくていいからね(笑)」と言ってたけど、今回は最初から全力をぶつけざるを得なかった(笑)。

「バスに乗って」や、極太のベース音が凄かった「黒い太陽」も披露。どちらも初めてライブで聴けたので嬉しかったですね。
そして、カバー曲をやるということで披露されたのは、MONOBRIGHTの「未完成ライオット」!!
MONOBRIGHTのオリジナル版と比べると、かなり男臭さとロックンロールが加わったDOESらしい仕上がりになってました。

「タイニーパンク」で「愛を叫ぼう 愛を叫ぼうよ」と巨大なシンガロングを巻き起こし、ワタルが「新代田ベイビーはレイジーベイビーですか!?」といつもの感じで「レイジーベイビー」に突入!!
さらに「バクチ・ダンサー」だからもう踊る以外にないっていう(笑)。前のライブの時より盛り上がりが凄かったかもしれない。
ラストは、3月に出る新曲「今を生きる」。
普通にカッコいい曲です。タワレコで予約までしてしまいました←

最後に、ヤスが投げたピックもゲット(´∀`)!
すごく好きなベーシストの一人であるヤスのピック取れたので、かなり嬉しかったです。




続いては、MONOBRIGHT!!!!!

セットリスト

未完成ライオット
アナタMAGIC
DANCING BABY
新曲
JOYJOYエクスペリエンス
この人、大丈夫ですか
ウォークマン(DOESカバー)
新曲
旅立ちと少年2
旅立ちと少年3(新曲)
COME TOGETHER
WONDER WORLD

アンコール

新曲
踊る脳

ダカさーーーん(゜∀゜)!!!!!!!←
一曲目は「未完成ライオット」!!!!!いやぁいきなりこの曲来たか!!
続けて「アナタMAGIC」「DANCING BABY」もやって、最高のダンスフロアにしていく。

DOESと対バンをやるのをとても楽しみにしていたようで、ダカさんが茶々を入れながらも(笑)今回のツアーの思いを話していく。
DOESはMONOBRIGHTに対しては、友人に接するような態度だったのに、ヒダカさんに対してだけめっちゃ敬語使ってたそうです(笑)。

この日は新曲も披露!楽しさの中に楽しさを詰め込んだような、MONOBRIGHTらしい曲でした。

さっきDOESがMONOBRIGHTのカバーを披露したけど、逆にMONOBRIGHTがDOESのカバーを披露!
凄く昔の曲だけど、「ウォークマン」をカバーしていました。マニアック(笑)!

「旅立ちと少年2」をやった後、桃野がこの曲には続きがあることを匂わせる(笑)。
ダカさん「旅立ちと老人(笑)?」
桃野「いや、そっちじゃないですから(笑)!」
相変わらずこのコンビは面白すぎるwww
そして旅立ちと少年シリーズの最新作、「旅立ちと少年3」!!
前作よりも少し大人っぽくなった感じかな。イイ曲でしたよ。

ラストは、「WONDER WORLD」!
まっつーが華麗なタッピングをしながら曲を進めていく。去年のアルバムにも収録されていたけど、たくさんのライブを重ねたせいなのか、CDよりも爆発的なエネルギーがありました。


アンコールでは、またもや新曲!!!
今年のリリースに期待しちゃっていいんじゃないでしょうか!!!!笑
ラストは、キラーダンスチューン「踊る脳」!!
桃野がフロアに降りて歌いまくり、回りで客も踊りまくるという最高に楽しい空間にして、ライブは終了。


最後にDOESも出てきて、次のツアー会場である福島のトリを決めるジャンケンを開催(笑)。
ヤスVS桃野という激アツな対決に(゜∀゜)
結果は桃野が勝って、次の会場もMONOBRIGHTがトリを務めるそうです。ヤス弱すぎる(笑)。

まぁこんな感じで、とても楽しいライブでした。
2組のバンドの仲が良いし相性もバッチリなので、会場も温かかったですし。
新年一発目から最高のライブに参加出来ました!

んじゃまたー(^o^)/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

あけました

DSC_0248.JPGDSC_0253.JPGはっぴーにゅーいやー!!!!
2012年ですね、ふふふ。年越しはガキ使見てましたよ。

新年明けてからは成人式と、中学の同窓会行ったりしてまして、本当に楽しい日々を過ごしてました。
酒飲みまくってヤバイです。肝臓もう3つくらい欲しいです(笑)。
同窓会で久々にいろんな人と会えて、感動しました。恩師や親友との再会は、酔っぱらいまくっていてもよく覚えています。
またこういう機会で集まりたいですね。

このブログを見ている人は非常に少ないですが(笑)、今年もよろしくお願いします。
もふもふ。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

2011年ライブ総決算

どうもどうもこんにちは。
もう2012年まで100時間切りましたね。早いものです。
つーことで、今年行ったライブをまとめてみようかと思います。


4/8 新木場STUDIO COAST
9mm Parabellum Bullet
w/BRAHMAN
「東名阪2マンTour」

4/17 日比谷野外音楽堂
「ザンジバルナイト in 野音 2011」

5/7 横浜BayHall
the telephones
w/The Mirraz
「We Love JAPAN!!!Tour-season 2-」

5/13 TowerRecord渋谷店
MONOBRIGHT
「インストアライブ」

6/7 F.A.D.YOKOHAMA
MONOBRIGHT
「ACMEを憐れむ歌2011」


6/26 横浜アリーナ
9mm Parabellum Bullet
「Movement YOKOHAMA」

7/6 東京国際フォーラム ホールA
凛として時雨
「VIRGIN KILLER SUICIDE」

7/16 横浜アリーナ
「NANO-MUGEN FES.2011」

9/18 SHIBUYA-AX
TOTALFAT
「THE HERO IS DAMNED TOUR 2011」

9/24 渋谷O-EAST&duo
「残響祭7th ANNIVERSARY」

10/25 赤坂Blitz
THE BACK HORN
「KYO-MEIツアー~魂のマーチ~」

11/19 幕張メッセ
BRAHMAN
w/KEN YOKOYAMA
難波章浩
CUBISMO GRAFICO FIVE
「霹靂TOUR FINAL」

11/22 渋谷O-EAST
Children Of Bodom
「JAPAN TOUR 2011」

12/2 恵比須LIQUID ROOM
DOES
w/KING BROTHERS
「Good Fellows!」


いやー、結構行ったように思えて、自分的にはもうちょっと行けたかなーと思ってます。
震災で中止になっちゃったやつもいくつかありましたからね。
でも、一つ一つのライブに思い出がありますし、ほんとに行けてよかったものばかりです。
初めてライブを見れたアーティストもたくさんいますし、NANO-MUGENやチルドレンオブボドムなど、洋楽にも触れる機会がありました。出来れば来年も、洋楽のアーティストをいくつか見に行きたいと思ってます。メタル中心な気がしますが(笑)。

来年もたくさんライブに行ったりして、充実した一年にしたいです。
やっぱ音楽で2012年を盛り上げないと!!!!(°∀°)

それでは、よいお年をー。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。